Arduino(アルドゥイーノ)の使いかた


Arduinoの公式ページ
Arduino日本語リファレンス

1 | Arduinoボード、USBケーブルを準備

2 | Arduinoの開発環境をダウンロード
 http://arduino.cc/en/Main/Software よりWindows用のソフトをダウンロードする。
ダウンロード後、任意のフォルダに解凍(展開)する。

3 |ボードを接続
 USBケーブルを使用してコンピュータにボードを接続する。

4 |ドライバをインストールする。
 ボードに接続するとWindowsはドライバのインストールプロセスを開始しますがしばらくすると、プロセスは、失敗します。コントロールパネル ->システムとセキュリティ->システムをクリックしてください。
システムウィンドウが起動したら、デバイスマネージャを開きポート(LPTとCOM)でArduinoを右クリックしドライバを導入します。ドライバの場所は開発環境を展開したフォルダ内の フォルダを指定する(例:\arduino-1.0-windows\arduino-1.0-windows\drivers)。正常にインストールされるとCOM5 などポート番号が割り当てられる。

5| Arduinoのアプリケーションを起動します。

6|(プログラム開発)LEDを点滅させる場合のプログラム例を開きます。

          File > Examples > 1.Basics > Blink

7 | ボードを選択する。

Tools > BoardからArduino UNOを選択

シリアルポートを選択
同じくTools > Serial PortからCOM?(コントロールパネル->システムとセキュリティ->システム->デバイスマネージャのポート(LPTとCOM)番号の値)を選択する

9 | プログラムをアップロード

プログラムをアップロードする場合には上記のボタンをクリックする。

10|実際の動作確認